野菜パウダーレシピ集

ねばとろ芋とかぼちゃのグラタン

まだ9月に入ったばかりですが、最近はお店の模様替えも早いのでそろそろ、ハロウィーングッズが並び始めますよ!
ちょっと前は、地方でハロウィーンなんてやっているのは英語教室くらいのもので仮装の衣装を探すのにも苦労したものです。
それが今や、100円均一の店で仮装用グッズまで揃ってしまいます。
ハロウィーンの後はクリスマス、そしてお正月・・と、街のウィンドウがハロウィーンになったのを見ると、もう1年の終わりが近くなってきたように感じるのは私だけでしょうか?!

さて、少し早いようですがハロウィーンにちなんだお料理としてもおススメなかぼちゃファインパウダーを使った簡単グラタンをご紹介します☆
ハロウィーンの時、カボチャは飾りたいので、お料理にはかぼちゃファインパウダーを使うというのがおススメかも?

先日、野菜ファインパウダーを作っている山口工場にお邪魔してきました!
私がうかがったときは、ちょうど、ニンジンの処理の真っ最中でしたが次の出番を待っていたのがカボチャでした。
北海道からやってきたカボチャがたくさん!
そのカボチャでいっぱいの段ボールを工場に運び入れるだけでもかなり重くて大変なのでは・・・・?と思ったら、さすが!
そこは、ちゃんとリフト車がありました。(リフト車?というのかどうかは知りませんが・・・)
工場の様子はガラス越しでしたが、かぼちゃなら皮と種を取り除く作業など人が手作業で行う工程もあり、とっても丁寧に作業が進んでいく様子が見えました。
それに、ファインパウダーは、ただ粉砕してパウダーにしたものではないということも分かりました。
蒸したり乾燥させたり、手間も時間もかかるものだったんですね。
厚生労働省は、「健康日本21」(国民の健康づくりのために定めた10年プロジェクト)の中で、成人1日当たりの野菜摂取目標を350g以上としています。この350gを生の野菜だけで摂ろうと思ったら結構な量です。
試しに、家にある野菜を計りにのせてみてください。
可食部だけですよ、葉物と根菜類が両方入るように意識してみてください。
意外とたくさん摂らないといけないということが分かると思います。
1人が350g以上ですよ!
結構、摂らないといけないんだな〜と分かったら、この野菜ファインパウダーのありがたさも分かるはず?!

今回のグラタンは、ねばとろ芋を使っていますが、これは青森の方でできる長芋のことです。
普通の長芋に比べると、粘りがしっかりでて、甘味が強いのでかぼちゃファインパウダーの甘味とよく合うような気がします。
手に入らなかったら、長芋で作ってみてください!
長芋を使ったり、カッテージチーズを使ったりするので、ちょっとあっさりした味をイメージされるかもしれませんが、そこがかぼちゃファインパウダーの効果で、かぼちゃクリームがとろりと濃厚な感じを出してくれます。  ホワイトソースも作る必要がないので、手軽にできます。 熱々のうちは、サラッとしたソース状ですが、時間が経つと、水分がなくなってしまうので、温めなおしたらまた違う食感になります。
ちょっと秋色のグラタン?作ってみてくださいね。


材料

ねばとろ芋(長芋)・・・・・300g
かぼちゃファインパウダー・・・・・大さじ2
にんにく・・・・・1かけ
玉ねぎ・・・・・1/2個分みじん切り
合挽肉・・・・・150g
水・・・・・1/2カップ
生クリーム・・・・・1/2カップ
牛乳・・・・・1カップ
カッテージチーズ・・・・・100g
とろけるチーズ・・・・・30g
塩・こしょう・・・・・適宜


レシピ

(1) にんにく、玉ねぎはみじん切り。ねばとろ芋(長芋)は皮を剥いて約1cmの輪切りにする。
にんにくとオリーブ油をフライパンに入れて火にかける。
香りが出たら玉ねぎを炒める。
(2) (1)に挽肉を加えてよく炒め、塩・こしょうをする。
(3) ねばとろ芋(長芋)を加えて軽く炒め、かぼちゃファインパウダーを加える。
水を加えてしばらく煮る。
牛乳と生クリームは合せておき、長芋が少し柔らかくなってから加えて静かに煮る。
途中、味をみて、塩・こしょうをする。
(4) かぼちゃファインパウダーが溶けて(多少ダマになっていても大丈夫)、全体に黄色く色づいたらグラタン皿に移して、カッテージチーズ、溶けるタイプのチーズをのせて200℃のオーブンで約15分(トースターなら色づくまで数分)表面のチーズにこんがり焼き色がつくまで焼く。


平山友美
Tomomi Hirayama

気軽なおもてなしサロン「Moderate 」(「食」を楽しむことを学ぶ教室)を主宰。
慶応義塾大学卒業後、米国でのボランティア活動を機に「おもてなし」の楽しさを伝える教室を開こうと奮起!
料理・製菓・製パン・テーブルコーディネートと各分野の専門的な勉強をスタート。エコール・キュリネール国立(フランス・イタリア料理専攻)卒業他、都内の教室を中心に多くを学ぶ。
同時にテーブルコーディネーターのプロ養成機関「彩食絢美」(手島麻記子氏主宰)にてテーブルコーディネーターの資格取得。「食」と「食を彩るもの=テーブルコーディネート」は一体のものという部分を自ら企画・実践し、独自のスタイルで「人の見える」温かい食空間を提案し続けている。
食育に関する活動や地域産品の発掘や流通促進のお手伝いをしながら、出会ったモノやヒトを通じて感じたことを書き綴る、執筆活動もライフワークの1つ。 栄和企画有限会社代表取締役。


商品一覧

野菜パウダー

ほうれん草 にんじん かぼちゃ 明日葉 しょうが ブロッコリー むらさき芋 とうもろこし れんこん ごぼう こまつ菜 ゆず れもん 発芽玄米 さつまいも よもぎ 菊いも いよかん いよかん

乾燥野菜

ごぼう にんじん れんこん かぼちゃ

生野菜とどこが違うの?国産の生産者の顔が見える野菜をそのままパウダーにしたものです。

ファインパウダーができるまで 畑から加工まで

野菜パウダーレシピ集