野菜パウダーレシピ集

れんこんのファーブルトン

れんこんはビタミンやミネラルも豊富で、食物繊維がたっぷり摂れる理想的な食材です。れんこんパウダーには、その中でもやわらかくて粘り気のある、おいし い山口県・岩国産のれんこんが使われています。今回はその特性を活かし、東京・自由が丘でお菓子教室を主宰する彦坂紗矢香さんが、フランスブルターニュ地 方の伝統菓子に応用。れんこん独特のもちもちっとした食感がたまらない一品ができあがりました。


材料(4人分/直径10儿發4僂離灰灰奪2個分)

れんこんパウダー・・・・・15g
薄力粉・・・・・55g
牛乳・・・・・160g
生クリーム・・・・・75g
全卵・・・・・110g
グラニュー糖・・・・・55g
塩・・・・・2g
無塩バター・・・・・45g
バニラの鞘・・・・・1/5本 (もしくはバニラオイル)
ブランデー・・・・・10g
粉糖・・・・・適量

<ドライフルーツマリネ>
ドライプルーン・・・・・30g
ドライアプリコット・・・・・20g
水・・・・・20g
グラニュー糖・・・・・20g
ブランデー・・・・・20g


レシピ

1.  水とグラニュー糖を沸かし、シロップを作る。ドライフルーツにシロップとブランデーを入れ、電子レンジに2分ほどかけ、その後冷めるまで置いてドライフルーツのマリネを作っておく。

2.  れんこんパウダーと薄力粉をふるい合わせ、ボウルに入れる。

3.  牛乳と生クリームを合わせたものを2に少しずつ注ぎいれ、ホイッパーで混ぜ合わせる。

4.  全卵とグラニュー糖、塩をすり混ぜ、40度に溶かしたバターを加え混ぜる。

5.  バニラの鞘を割いて加え、ブランデーで香り付けする。裏ごし、2時間ほど冷蔵庫で休ませる。

6.  容器に8分目ほど流し入れ、1のドライフルーツマリネを水気を切ってのせる。

7.  220度のオーブンで約5分焼成し、180度に下げてさらに20分焼成する。型より2〜3cm膨らんで、焼き色がつき、竹串をさしてなにもついてこなければ焼き上がり。

8.  粗熱が取れたら生地が型まで落ちてくるので、粉糖をふって仕上げる。


プロが教える”ここがポイント!”

すりおろしたり煮たりしなくてもいいれんこんパウダーは、お菓子に使うときも色がくすまないので重宝します。れんこんの食感が活かせるパン生地にしてもい いですね。今回はフランスブルターニュ地方の家庭の味、ファーブルトンをアレンジしました。素材のほのかな甘みをうまく引き出せるよう、バニラとブラン デーでやさしい味わいに仕上げています。焼き立てでしか味わえないモチモチっとした食感をぜひ味わってみてくださいね。

彦坂紗矢香(ひこさかさやか)
Sayaka Hikosaka

東京・広尾の「ラ・プレシューズ」などで修行後、2004年9月にドゥマール・ジャポン株式会社に入社。翌月、表参道の「アトリエ・カフェドゥマール」に て製造責任者、製菓・料理講師を務める。その後自由が丘で独自のお菓子・料理教室を展開。2009年4月期からお菓子教室LEKUONAを開講予定。

LEKUONA
〒152-0065 東京都目黒区自由が丘3-17-18-204
TEL:03-4292-4644


商品一覧

野菜パウダー

ほうれん草 にんじん かぼちゃ 明日葉 しょうが ブロッコリー むらさき芋 とうもろこし れんこん ごぼう こまつ菜 ゆず れもん 発芽玄米 さつまいも よもぎ 菊いも いよかん いよかん

乾燥野菜

ごぼう にんじん れんこん かぼちゃ

生野菜とどこが違うの?国産の生産者の顔が見える野菜をそのままパウダーにしたものです。

ファインパウダーができるまで 畑から加工まで

野菜パウダーレシピ集