産地限定の国産野菜100%使用の野菜パウダーです。 産地にまでこだわった国産野菜を100%使用
およそ1/100ミリのミクロ野菜です。パンやパスタ
お菓子にすんなり混ざる、新しい食材です
     

ホーム > レシピ一覧 > かぼちゃマフィン


自宅で作れるプロの味!おすすめパウダーレシピ
かぼちゃマフィン



ビタミンE、ベータカロチンが豊富に含まれている、かぼちゃ。ビタミンEはアンチエイジングに効果があり、ベータカロチンは免疫力を強め、ウイルスから身体を守る働きがあります。 今回は、そんなかぼちゃがしっかりと摂れるかぼちゃパウダーを使ったスイーツを、「パティスリー ポタジエ」オーナーシェフ・柿沢安耶さんに作っていただきました。

材料(5個分)

無塩バター・・・・・75g
グラニュー糖・・・・・60g
全卵・・・・・2個
プレーンヨーグルト・・・・・75g

A
薄力粉・・・・・150g
ベーキングパウダー・・・・・小さじ1 1/2
かぼちゃパウダー・・・・・10g
クリームチーズ・・・・・100g
粉糖・・・・・10g
かぼちゃパウダー・・・・・適量



レシピ

下準備:オーブンを170℃に予熱しておく。バターは常温で柔らかくしておく。

1: ボウルに、無塩バター、グラニュー糖を入れ泡立て器ですり混ぜる。そこに卵を1個入れてよくかき混ぜ、混ざったらもう1個加え混ぜる。プレーンヨーグルトを加え混ぜる。ゴムべらに持ちかえ、Aの薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れ混ぜる。
2: 1を2等分にし、一方にかぼちゃパウダーを茶こしで振るいながら入れ、混ぜる。マフィンカップに、プレーン生地、かぼちゃパウダーを加えた生地を同量ずつ入れ、マーブル模様になるように軽く混ぜる。 170℃に熱したオーブンで20分焼き、冷ましておく。

3: ボウルに常温でやわらかくしたクリームチーズ、粉糖を入れ、混ぜる。
4: 3の10gを別のボウルに取り分け、かぼちゃパウダーと加えて混ぜる。固かったら牛乳(分量外)でのばす。
5: 冷めたマフィンに3をのばし、4で模様をかく。

 

プロが教える”ここがポイント!”


マフィンの生地を作り、2等分にした半量にかぼちゃパウダーを入れました。マーブルにすることでかぼちゃの味をより強く感じていただけ、メリハリのあるスイーツになります。粒子が細かいパウダーは、最後に加えてもダマになりません。チーズアイシングにもかぼちゃパウダーを入れ、かわいい模様が描けます。かぼちゃ以外のパウダーでも代用でき、カラフルなマフィンができます! 生地を一度に作ったあと、分けた生地にいろんなパウダーを加えるだけなので簡単です。

柿沢安耶
Aya Kakisawa

東京中目黒の野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」オーナーシェフ。「おいしいだけでなく食べた人が健康になる料理」を目指しベジタリアンとなる。現在、農業支援を軸に講演会や食育セミナー、お菓子教室、商品開発など精力的に活動している。

パティスリー・ポタジエ
〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-44-9
TEL:03-6279-7753