産地限定の国産野菜100%使用の野菜パウダーです。 産地にまでこだわった国産野菜を100%使用
およそ1/100ミリのミクロ野菜です。パンやパスタ
お菓子にすんなり混ざる、新しい食材です
     

 

ドライ野菜れんこんを使ったレシピ集

ドライ野菜
商品一覧

ドライ野菜ミックス

ドライ野菜たまねぎ

ドライ野菜高菜

ドライ野菜れんこん

ドライ野菜にんじん

ドライ野菜ねぎ

ドライ野菜小松菜

ドライ野菜ほうれん草

ドライ野菜ごーや

ドライ野菜大根葉
ドライ野菜ごぼう
「シャキシャキれんこん入りつくね」
by 愛知県 なつみさん


<目次に戻る>
ごぼうの炊き込みご飯

【レシピ材料】

  鶏挽肉  400g
   卵  1個
   ドライ野菜(れんこん)  1袋30g
   たまねぎ  1/2個
   ねぎ  1/2本

【レシピ】

1. 玉ねぎ、ねぎはみじん切り。
乾燥レンコンは水洗いし水につけたままレンジ500Wで約2分。
柔らかくなったらさまし、粗みじん切り。
2. 鶏挽肉に塩・こしょうし卵、酒大さじ1/2、片栗粉大さじ1、たまねぎ、レンコン、ネギを入れて粘りが出るまで混ぜる。
3. 小さな円形に形を整え、フライパンで両面焼いて、火を通す。
4. 焼きあがったら取りだし、しょうゆ大さじ3、みりん大さじ3、酒大さじ3、砂糖小さじ2を合わせて煮立て、焼いたつくねをフライパンに戻し、全体にからめる。

◆投稿者さんの一言◆

子供さん用にはケチャップで味付けすると喜んで食べてくれます。
レンコンのしゃきしゃき感がとても良いです。
最近柔らかいものばかり食べて顎が発達しない子供さんも多いとか。
時にはカミカミメニューとしていかがでしょうか。
息子はケチャップの方ですが^^;食感が気に行ったようで、美味しいと言ってくれました♪

ポイントはまず、乾燥野菜を洗い、レンジにかける時間を自分で調節することでしょうか。
硬ければまた少しレンジにかけるのが良いようです。

 

「チキンハンバーグ」
by 愛知県 イヒリーベスさん


<目次に戻る>
ごぼうのなめこ汁

【レシピ材料 1人分】

  鶏のササミ  210g(半端な数ですが、丁度この数で売られていたので^^;)
   乾燥れんこん  8枚ほど
   しょうゆ  小さじ2杯
   小麦粉  大さじ3〜4杯
   大根  1/7本ほど(大根おろし用)
   カイワレ大根 ミニトマト  (飾り用 各好みで)
   ポン酢

【レシピ】

1. 鶏のササミは包丁細かく叩いておく。
2. 乾燥れんこんはレンジでもどした後、みじんぎりにしておく。
3. 1と2をあわせ、小麦粉、しょうゆを入れよく混ぜ合わせ形を整える。
4. フライパンに油をしき、3を焼く。中まで火が通るよう蓋をしておくことがポイント。
5. 焼けたら器に盛り、大根おろしをのせ、カイワレ大根、ミニトマトを添え、上からポン酢をまわしかけていただく。

◆投稿者さんの一言◆

作る時に感じたのですが、れんこんはみじん切りにすると良い感じに粘り気がでます。
このれんこんの粘り気のお陰でササミとつなぎの小麦粉が、バッチリ馴染みます。
卵を使う必要がないのでヘルシーですよ。
それと旦那様曰く、「タマネギよりも乾燥れんこんの方が食感が良くて好み♪」なんだそうです。
ややもするとチキンバーグって柔らかいだけのつまんない食感になりがちですが、れんこんの程よい歯ごたえが「たまらん!」と言っていました。

牛肉は夜に食べると何かとヘビー。
チキンにすることでヘルシー感アップです。
しかも乾燥れんこんとの相性も良くて、さっぱりポン酢が更に食欲を増してくれます。

「これからはタマネギじゃなくてこの乾燥れんこんにして!」との嬉しいリクエストも貰ったので、このメニューは新たな定番となりそう・・!

 

「れんこん春巻き」
by 愛知県 イヒリーベスさん


<目次に戻る>

かんたんお好み焼き

【レシピ材料 2人前】

  春巻きの皮  10枚
   鶏のささみ  180g
   卵  3個
   干し椎茸  7〜8個
   乾燥れんこん  7〜8個
   ブロッコリースプラウト(飾り用)
   みりん  大さじ4杯
   醤油  大さじ3杯
   砂糖  少々
   ポン酢  好みの量

【レシピ】

1. 卵3個はフライパンで炒っておく。
2. 干し椎茸はもどし、石づきを切り捨てみじん切りに。
同様に乾燥れんこんもレンジで戻しみじん切りに。
鶏のささみも包丁で叩いて細かくしておく。
3. 鍋に少量の油を敷き、鶏のささみを炒める。
続いて椎茸、れんこん、炒り卵を入れ、みりん・醤油、砂糖で味をつける。
4. 3の材料を春巻きの皮で巻く。
5. フライパンに油を敷き、春巻きを焼いていく。
6. 焼いた春巻きを器に盛り、ブロッコリースプラウトを上に飾りつけ、ポン酢でサッパリいただきます。

◆投稿者さんの一言◆

ポイントはやはり乾燥れんこんですね。
普段はここで筍を使うんです。
でも乾燥れんこんの方が歯ごたえもよく、みじん切りしたことによって程よい粘り気も出て美味でした。
また今回は春巻きながら揚げていません。
よってよりヘルシーな一品に仕上がりました。

 

「れんこんの梅かつお和え」
by 愛知県 イヒリーベスさん


<目次に戻る>
かんたんお好み焼き

【レシピ材料】

  梅干  2個
   かつお節  適量
   お酒  小さじ1/2
   乾燥れんこん  適量

【レシピ】

1. 乾燥れんこんに各々を和えたら完成です。

◆投稿者さんの一言◆

れんこん自体にイヤなクセがないせいか、相乗効果で互いを引き立てあっています。
乾燥れんこんを、時間を考えて戻したので歯ごたえもちょうど良い感じになりました。

お酒の肴として作ったものの、ご飯にもバッチリあった気がします。
こういうのってお弁当に入れてもいいかもしれません。
垂れてこないし、味がしっかりついているからご飯もすすみます。
何よりビタミンCたっぷりのれんこんをしっかり食べているって感じが嬉しいですよね。

 

「乾燥レンコンをつかったミートソース」
by 東京都 さちぽんさん


<目次に戻る>
かんたんお好み焼き

【レシピ材料 4人分】

  合いびき肉  200グラム
   たまねぎ  1個
   ニンジン  1本
   ピーマン  3個
   乾燥レンコン  20グラム
   トマト水煮缶  1個
   コンソメキューブ  1個
   にんにく  ひとかけ
   塩コショウ  少々

【レシピ】

1. ニンニクみじん切りとたまねぎみじん切りを炒める。
たまねぎが透き通ってきたら肉も一緒にいためる。
2. 肉に火が通ったら、ニンジン、ピーマンのみじん切りと乾燥レンコンを入れて一緒にいためる。
3. ほどよく炒まったところに、水煮缶とコンソメを入れる。
水気がなくなるまで煮詰める。
4. 塩コショウで味をととのえる。
5. ミートソースを煮詰めている間に麺を茹でる。

◆投稿者さんの一言◆

レンコンのこりこりがおいしくて、4歳の娘はレンコンをさきに拾って食べていました。

 

「れんこんとこまつ菜の梅漬け」
by 埼玉県 kozimaさん


<目次に戻る>
かんたんお好み焼き

【材料】

  乾燥れんこん  20g
   乾燥こまつ菜  10g
   梅干し  2個
   塩  少々
   酢  少々

【作り方】

1. 乾燥れんこんと乾燥こまつ菜は一緒につかる程度の水を入れてレンジ1000Wで1分半チン!
2. れんこんは半月に切り、水気を切ったこまつ菜とあわせて、塩と酢を軽くふっておく
3. 種除きした梅干しを細かくし、2に混ぜて一置すれば出来上がり。

◆投稿者さんの一言◆

パリパリのれんこんと梅干しが絡まったしっとりこまつ菜の柔らかさ全く違う別々の食感が口の中で面白いです。
こまつ菜はもどした時から、新鮮採れたてのあの香り、れんこんは泥臭くなく、無漂泊の柔らかい色。
酸味が苦手な方は酢をふらない方がよいです、梅干しで十分!!

「きのこ色々とれんこんのスープ」
by 愛知県 イヒリーベスさん


<目次に戻る>
かんたんお好み焼き

【レシピ材料 600ml分】

  まいたけ  お好きな量
   しめじ  お好きな量
   えのき  お好きな量
   エリンギ  お好きな量
   コンソメスープの素  2個
   乾燥れんこん  適量
   塩  少々
   胡椒  少々

【レシピ】

1. 水を沸騰させ、キノコ類と乾燥れんこんを入れます。
2. コンソメスープを入れ、塩、胡椒をお好みで入れたら完成。

◆投稿者さんの一言◆

この場合のポイントはやっぱり「乾燥れんこん」なんです。
と言うのも旦那様曰く
「このスープはれんこんの食感がしっかり残っていて美味しい。
柔らかいが柔らかすぎない。そしてキノコと相性がいいんだね。
れんこんって根菜だから体を温めてくれるのかな?食べた後、ポカポカするよ」
とのこと。

 

「れんこんの辛子明太子マヨネーズ和え」
by 愛知県 イヒリーベスさん


<目次に戻る>
かんたんお好み焼き

【レシピ材料】

  辛子明太子  1/2腹
   マヨネーズ  適量
   乾燥れんこん  適量

【レシピ】

1. 辛子明太子の皮をとり、乾燥れんこんとマヨネーズで和えて完成です。

◆投稿者さんの一言◆

美味しいですヨ〜、箸が止まらなくなっちゃいます。

しかし、れんこんを戻す時間が若干短かったみたいなんです。

それでれんこんが固めな仕上がりに・・。
乾燥高菜と同じような感覚でやったのがいけなかったんですね。
すんごい噛み応えのある1品になっちゃいました。