産地限定の国産野菜100%使用の野菜パウダーです。 産地にまでこだわった国産野菜を100%使用
およそ1/100ミリのミクロ野菜です。パンやパスタ
お菓子にすんなり混ざる、新しい食材です
     

ホーム > レシピ一覧 > クリームブリュレキャロット


自宅で作れるプロの味!おすすめパウダーレシピ
クリームブリュレキャロット



北海道の富良野ですくすくと育ったにんじんのパウダーには、野菜本来の甘みとミネラルがたっぷり入っています。免疫力を高め、肌にもいいとされるβ-カロ チンなど、栄養も満点。野菜嫌いな方にこそ食べてほしいおいしいにんじんのお菓子を、東京・自由が丘でお菓子教室を主宰する彦坂紗矢香さんに教えてもらい ました。鮮やかなオレンジ色のにんじんパウダーはいろんなお菓子に応用できるそうです。ぜひお試しを。

材料(5人分/直径10pのココット5個分)

にんじんパウダー・・・・・15g
牛乳・・・・・105g
バター・・・・・5g
生クリーム(35%)・・・・・285g
カルダモン・・・・・3個
バニラの鞘・・・・・1/5本
卵黄・・・・・75g
グラニュー糖・・・・・42g
グラン マルニエ・・・・・10g

(キャラメリゼ用)

グラニュー糖、粉糖・・・・・適量



レシピ

1.  にんじんパウダーに牛乳を少しずつ加えて混ぜ、ペースト状にする。

2.  鍋に移し、バターを加えて弱火にかけ、木べらでしっかりと混ぜながら軽く火を通す。

3.  生クリームを加え、カルダモンとバニラの鞘を割いて入れる。沸騰直前まで温め、蓋をして5分ほど蒸らし香りを出す。
4.  卵黄とグラニュー糖をすり混ぜ、3を少しずつ加えて混ぜる。混ざったらボウルに裏ごしし、グラン マルニエを加えて香り付けする。
5.  ココット型に流し入れ、バットにのせる。熱湯をココットの1/3の高さまで注ぎ、140度のオーブンで約25分〜30分焼成する。
6.  冷蔵庫でしっかりと冷やし、グラニュー糖を薄めにふりかけてバーナーでキャラメリゼする。さらにグラニュー糖でキャラメリゼし、仕上げに粉糖でキャラメリゼする。プリンにする場合は、冷やしてキャラメルソースを添える。

 

プロが教える”ここがポイント!”


栄養たっぷりで、ついついたくさん使いたくなるにんじんパウダーですが、少量でも色みや味わい、栄養は十分に得られるので、使用量には注意が必要です。今 回作ったクレームブリュレキャロットは、自然のほのかなにんじんの甘みを活かしながら、にんじんによく合うカルダモンやオレンジのリキュール(グラン マルニエ)で香り付けしました。バニラも効いたクセのない甘みで、にんじん嫌いなお子さんもおいしく召し上がれますよ。

彦坂紗矢香(ひこさかさやか)
Sayaka Hikosaka

東京・広尾の「ラ・プレシューズ」などで修行後、2004年9月にドゥマール・ジャポン株式会社に入社。翌月、表参道の「アトリエ・カフェドゥマール」に て製造責任者、製菓・料理講師を務める。その後自由が丘で独自のお菓子・料理教室を展開。2009年4月期からお菓子教室LEKUONAを開講予定。

LEKUONA
〒152-0065 東京都目黒区自由が丘3-17-18-204
TEL:03-4292-4644