産地限定の国産野菜100%使用の野菜パウダーです。 産地にまでこだわった国産野菜を100%使用
およそ1/100ミリのミクロ野菜です。パンやパスタ
お菓子にすんなり混ざる、新しい食材です
     

ホーム > レシピ一覧 > ゆずとミルクのコンフィチュール


自宅で作れるプロの味!おすすめパウダーレシピ
ゆずとミルクのコンフィチュール



香りがよく、実は美容効果も高いヘルシーなゆず。お肌にハリが出るビタミンCや、疲労回復効果のあるクエン酸もたっぷり入っています。ゆずパウダーは、九州(鹿児島・宮崎・大分)で大切に育てられたゆずが原料。
東京・世田谷のコンフィチュール専門店「コンフィチュール アッシュ」アトリエ長の長谷川哲夫さんに、ゆずならではの香りを活かしたコンフィチュールを作っていただきました。

材料(270g分)

牛乳・・・・・200g
生クリーム35%・・・・・200g
グラニュー糖・・・・・56g
トレハロース・・・・・16g
ハローデックス・・・・・8g
ゆずパウダー・・・・・4g



レシピ

1.手鍋にすべての材料を入れ、火を入れていく。

2.ゴムベラにとって、少しドロッとしてきたら完成。 ※糖度計で糖度65になるまでが目安です。糖度計がない場合は、冷たい水にたらして玉になるくらいまで。

3.適当なジャム用の瓶に入れる。パンなどに塗ってどうぞ。

 

プロが教える”ここがポイント!”


フレッシュなものと変わらないゆずパウダーは、レモンなどと比べても非常に強いので加減が大切です。味が強いショコラなどと合わせる場合は少し多めにしま すが、今回は繊細なゆずの香りが楽しめるよう分量を抑えました。皮を千切りにしてわたを煮出し……といった工程もなく、さっと入れてしっかりホイッパーで 混ぜれば溶けるので、初心者でも扱いやすいと思います。ぜひ挑戦してみてください。冷蔵庫で約2週間、保存も可能です。

長谷川哲夫(はせがわてつお)
Tetsuo Hasegawa

東京・自由が丘の「モンサンクレール」副アトリエ長を経て、2007年4月より世田谷の「コンフィチュール アッシュ」でアトリエ長を務める。駒沢公園に隣接したお店には季節ごとのコンフィチュールが並び、米粉を使ったこだわりバウムクーヘンも大人気。

コンフィチュール アッシュ
〒158-0081 東京都世田谷区深沢2-1-10
TEL:03-5752-1051